リペア会 Repair One-Stop System

ホーム  リペア会について    お問い合わせはこちら 会員ページはこちら

会長ご挨拶

 日本もいよいよ待ったなしの維持補修の時代に入りました。また最近、予防保全と声高に言われだしたお陰で、社会基盤施設には早期の手当てが必要であることが国民の皆様にも浸透してまいりました。
一般に、構造物の経年変化は潜伏期・進展期・加速期・劣化期に区分して説明されます。これと、定期点検等でランク分けされる、健全・予防保全段階・早期措置段階・緊急措置段階がどうリンクするのかは、損傷・劣化の時系列的進行度合いの解明が不十分なことや、構造物の重要性、あるいは管理者の財政的裏付けなどによって、ある程度の幅がある現状のようです。
 しかし、早めの適切な処置が結果的にその構造物のライフサイクルコストを低減させうることや、将来の維持補修費の平準化に役立つことは広く認識されだしています。今後は、再劣化を起こさない本当の長寿命化を実現させるための、劣化進展速度の精度の高い予測法に基づく適切な処置の時期選定手段の確立、より高度な補修・補強技術の開発などが必要と考えられます。
 リペア会は、このような我が国の状況に鑑み、社会基盤を構成する土木・建築構造物の維持補修を効果的に行い、少子高齢化時代の国土を健全に保ち続けられるように日々努力している会社や個人によって2014年に設立されました。今般、当会の理念に普遍性を持たせ、より広範な活動を行えるように一般社団法人リペア会へと装いを新たにすることになりました。当初の理念を引き継ぎ、輪を広げながら技術開発に努め、国民の皆様が安心して利用できる安全な社会基盤の再構築に邁進する所存です。
発注者・管理者・同業者・利用者のご理解と御支援を賜りまして、本会がますます成長しますことを念願するものであります。

大塚久哲

九州大学名誉教授
工学博士

大塚久哲

一般社団法人リペア会事務局(株式会社KMC内)
〒662-0917
兵庫県西宮市与古道町3-14 第一南ビル201号
TEL.0798-31-5972 FAX.0798-31-5973